水無月

みなづき

涼やかに、夏越の祓。

もちもちとした外郎(ういろう)生地に大納言小豆をのせました。

6月30日に行われる「夏越の祓」。

残り半分の無病息災を祈願します。


 

1箱(4個入):税込864円(本体800円)

 


 

 販売期間:6月29日(火)・6月30日(水)

 消費期限:製造日より2日

 

特定原材料:大豆・乳

 

ご購入:全店舗(オンラインショップを除く)

※一部お取り扱いのない店舗もございます

茅の輪くぐり

ちのわくぐり

「夏越の祓」とは、6月30日に行う祓の行事です。今年1年の前半の穢れを祓って無事に過ごせたことに感謝し、後半もまた元気に過ごせるようにと祈ります。

その行事の1つ「茅の輪くぐり」は、茅(ちがや)という草で直径数メートルの大きな輪を作り、それを決まった作法でくぐることで災厄を祓い清めるというものです。

「水無月の夏越の祓する人は、千歳(ちとせ)の命延(の)ぶというなり」と唱えながら八の字を書くように三度くぐりぬけます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。