草庵蕨

そうあんわらび

蕨、こし餡、口どけよく。

本蕨粉を使い、香ばしい黒豆きな粉の粧いでこし餡を包み込みました。

とろけるようになめらかな食感をお楽しみいただけます。

お召し上がり前に少し冷やしていただくと、更に美味しくお召し上がりいただけます。


 

3個入:税込864円(本体800円)

 


 

 販売期間:5月11日(火)~

 消費期限:製造日より3日

 

特定原材料:大豆

 

ご購入:全店舗(オンラインショップを除く)

※一部お取り扱いのない店舗もございます

石(いわ)走る 垂水の上の 早蕨の 萌え出づる春になりにけるかも(志貴皇子)

雪解けの水が流れる小さな滝のほとりに、蕨が芽吹いて、春が来て。

 

春になると、ポッとあらわれる蕨の若芽。その根から採れる本蕨粉は、貴重な食材とされています。

平安時代より茶席菓子として食されていたという蕨餅。

草葺き屋根の侘びたたたずまいの庵や、茶室を意味する草庵を名にいただき、「草庵蕨」としました。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。