水羊羹

小豆濃く、なめらかに。

叶匠壽庵、夏一番の涼菓。

手間を惜しまず、小豆の味を大切に濃厚なこし餡に仕上げました。

合わせる天然糸寒天は厳選された天草を使用。寒さの厳しい時期に天日干しを繰り返し行う伝統製法でつくられ、なめらかな口当たりを生みます。

 


 

単品:税込324円(本体300円)

 


 

 販売期間:5月15日(土)~9月初旬(予定)

 賞味期限:製造日より30日

 

特定原材料:使用なし

 

ご購入:全店舗

オンラインショップでもお買い求めいただけます

※5/15より販売開始となります。

天然糸寒天が決め手。

叶 匠壽庵の水羊羹に使用するのは、創業百年の歴史をもつ長野県

「小笠原商店」の天然糸寒天。厳選した天草と、南アルプスからの清らか
な伏流水が素材のすべてです。昔ながらの製法で、凍てつく寒さの中、

寒天を外気で凍らせて、日光と風で溶かし、天日乾燥することを、

およそ2週間繰り返します。
長野県伊那地域は、冬場の寒さが厳しく、乾燥して晴天が
多いことが寒天づくりに最適なのです。
本物の天然糸寒天とは?
天草100%で作られた伝統的製法の糸寒天は、粉寒天と比較して、

保水性・粘弾性に優れています。
寒天の成分は、水分以外の80%が食物繊維そのものであり、

カロリーはゼロ。さらに…

 

 →詳しくはコチラ!
     小笠原商店ホームページ「糸寒天を知る」

いまできること、夏一新。

叶 匠壽庵は滋賀県大津市の里山の中で、菓子の素材や、季節の花々を

育て、自然と共に生きる暮らしとお菓子づくりを営んでおります。

近年の環境問題に対して、「我々にいまできることは?」と問いかけ、

レジ袋の廃止やプラスチックスプーン削減などを進めてまいりました。


プラスチック使用量を82%削減。 ※当社比
叶 匠壽庵の水羊羹は、独自の発想から生まれた竹を模した容器が

長年愛されてきました。しかし竹容器はプラスチック量の観点から

環境に大きな負荷がかかります。社内外の惜しむ声もありましたが、

この度、プラスチック量の年間55トン削減を計画した新容器に

リニューアルいたしました。
寒天づくりにおける氷の結晶から着想した古典柄「麻の葉」
をモチーフとして形状を構築。手間を惜しまず、小豆の味を大切に

したなめらかな口あたりの味はそのままに、伝統美をベースに

涼感あふれる意匠となりました。日本文化を守り、時代に寄り添うカタチで新しい夏がきます。

叶 匠壽庵ホームページ →「叶 匠壽庵のSDGs」

水羊羹でキレイを応援する

 

私たちは和菓子には心もからだも豊かに、そして健康的に
するチカラがあると考えています。忙しさや時間に追われ
ても、キレイでありたい。「キレイ」とは、からだの内側から
も美しく、心豊かに毎日を生きること。その願いを叶える
ために、大切なのは〈心とからだが喜ぶ〉ものを選び、続け
ることだと考えます。

水羊羹に大切なこし餡は、消化もよくエネルギー補給にはピッタリ。
暑い夏につるっとなめらかな口どけでおいしく手軽にキレイをチャージ。
疲れが溜まってきたら、心もからだもリセット。たまには贅沢に、

素敵な器で涼やかに季節を愉しみ、自分のとっておきの時間を

過ごしてみては?

 

叶 匠壽庵ホームページ
 →「和菓子であなたのキレイを応援します。」

 

 

おうちでアレンジ。

そのままでも量感たっぷりの水羊羹。夏の風情をお楽しみください。
おうちでも簡単にできるアレンジレシピをご紹介します!


Instagram投稿キャンペーンを実施します! あなたの素敵な投稿をお待ちしています。

水羊羹×いちご

細かく刻んだ甘酸っぱい苺を
たっぷり添えて。

 

 

 

水羊羹×レモン

レモンを絞ったさっぱり
水羊羹もおすすめ。

 

 

 

水羊羹×クリームチーズ

爽やかな酸味が◎
ピスタチオとブラックペッパー
を合わせて、大人のおやつに大変身。

 

 

 

水羊羹×トースト

あつあつトーストをデザート風に。
生クリームやアイスとも相性◎

 

 

 

和菓子であなたのキレイを応援します

小豆は〝赤いダイヤ〟

〝赤いダイヤ〟と呼ばれる小豆は、小さな一粒に大きなキレイを秘めています。
古より鮮やかなその色は太陽や火に例えられ、邪気を祓うものとして食されてきました。
小豆は食物繊維が豊富で、想像以上にキレイの宝庫です。

 

姿もまた涼

素材のチカラでからだの内面から美しく、日々の暮らしに季節や楽しみを取り入れ、こころ豊かに。
光と影によってさまざまな色合いを見せる新しい装いの水羊羹は、目にもキレイな清涼感のある
おやつに大変身。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。