タグ『季節銘菓』のページ一覧

タグ『季節銘菓』のページ一覧

page

くりさんが夏は冷やしてもっちり。もっちり食感の栗蒸し羊羹。小豆の煮汁を加え、丁寧につくったこし餡の羊羹生地は風味豊か。中には栗の甘露煮をまるごと一粒入れました。少し冷やして、がおすすめです…

いっこてん心豊かなれば、小天地小ならず。壺中、天あり。小さな壺の中にも無限に広がる大宇宙は存在している、と説く中国の故事に着想を得、菓子をつくる心が豊かであればその味わいは深い、そんな意を…

あも(さくら)春爛漫。桜香り立つ。羽二重餅に大島桜の葉の塩漬けを練り込みました。二種の刻み方で香りを際立たせています。1本:税込1,404円(本体価格1,300円)あも・あも(桜)詰合せ:税込2,916円…

豊かに、香る。季節の味覚を羽二重餅に練り込む限定のあも。冬は「黄金の果実」、柚子です。柚子の甘露煮に、皮ごと絞った柚子エキスを合わせ、フレッシュな香りを大切に仕上げます。あもの甘さに、柚子…

こころよせゆい十人十色、想い結ぶ―滋賀羽二重糯米の芳ばしい最中種に、くちどけのよい和のチョコレート(抹茶・きな粉)を挟んで味わうチョコ最中。「草花や色に想いを込めて贈る」。そんな日本ならでは…

あっさり、ふっくら、香ばしい。あっさりと炊き上げた大納言小豆をやわらかな近江羽二重餅に包み、香ばしいきな粉をまぶしました。 叶匠寿庵をご愛顧くださる大勢のお客様に向け、感謝と御礼の気持ちを込…

しょうじゅあんしらひめもち「いつでも」「キレイに」「やわらかく」を実現。衛生面に配慮しつつ出来立てのお餅を楽しんでいただくことをコンセプトに、手を汚すことなく食べられる餅菓子です。 白餅に粒…

いしもち石山寺の店名の起こりとなった雄大な硅灰石を模した「石餅」があったと寺僧より聞き及び、身体を清め、力が宿り、石のように固い絆が結ばれるようにと祈念し食した故事を元に、石餅を復元しまし…

じほうもなかつぶ餡の中に求肥が入った大振りの最中です。 弁慶の守り刀の鍔(つば)をかたどり、 寺宝最中と名付けました。1個入:税込1,080円(本体1,000円)2個入:税込2,160円(本体2,000円)販売期…

つるかめじょうよ鶴は薯蕷生地で白餡とつぶ餡を包み込みました。 亀は桃山生地でこし餡を包み込み、焼き上げました。2個入:税込2,700円(本体2,500円)販売期間:通年消費期限:製造日より5日間ご予約承…

じゅかえくぼをかたどった薯蕷生地で こし餡を包み込みました。8個入:税込2,160円(本体2,000円)販売期間:通年消費期限:製造日より3日間ご予約承り:5日前特定原材料等28品目:やまいも原材料名一覧…

ひゃくふくひゃくじゅつぶ餡の中に求肥が入った大振りの最中です。 1個入:税込1,080円(本体1,000円)販売期間:通年消費期限:製造日より4日間ご予約承り:5日前特定原材料等28品目:大豆原材料名一覧…

秋に染みる。丁寧にこしたなめらかな栗と手彫りした栗を合わせ、 風味豊かなくりきんとんに仕上げました。 熊本県産新栗使用。2個入:700円(本体価格)販売期間:9月中旬~11月中旬(予定)消費期限:製…

こうせんちゃ昆布茶をベースに、緑茶・青じそ・梅肉の風味をお楽しみいただけるお菓子によく合うお茶です。単品:税込648円(本体600円)販売期間:通年賞味期限:製造日より365日特定原材料等28品目:使…

さっくりと焼き上げた巻きせんべいです。 和三盆糖と黒胡麻の二種が入っています。 単品:税込432円(本体400円)販売期間:通年賞味期限:製造日より180日特定原材料等28品目:小麦・卵・ごま原材料名一…

いしやまろうげつ月に見立てたどら焼きに、古よりの思いをはせて。琵琶湖から流れる瀬田川のほとり。 「石山秋月」に描かれ月を愛で愉しむ歴史が現代まで続く石山寺から 名を頂きました。 はちみつ入りの…

あかい三つの餅に。叶匠寿庵が商いを始めたのは、深い歴史をもつ三井寺のほど近く。 その古寺に今も湧く「閼伽井屋」の水は天智・天武・持統の御三帝の産湯に使われたと伝えられています。 功徳の願いを…

あずきもち秋冬の新商品。北海大納言小豆に、やわらかな餅をそっと置きました。 とろり、とした食感です。単品:350円(本体価格)3個入:1,100円(本体価格)販売期間:10月中旬~1月下旬(予定)賞味期…

ゆずかん柚子の苦みや酸味を抑え、 香りを最大限に引き出しました。 冷やしてお楽しみください。 単品:税込270円(本体250円)3個入:税込864円(本体800円)販売期間:10月中旬~4月上旬(予定)賞味期…

くろまめかん秋冬の新商品。すっきりとした甘さの和三盆羹に、 ふっくらと炊いた黒豆をちりばめました。単品:350円(本体価格)3個入:1,100円(本体価格)販売期間:10月中旬~1月上旬(予定)賞味期限…

あもかるた(もなかだね)あもを愉しむ。滋賀・近江神宮に眠る百人一首を色鮮やかに再現。 滋賀羽二重糯米の最中種で「あも」を挟んで、さくさくの手作り最中としてお召し上がりください。 期間により、…

豊かな小豆の風味。善哉。ほめたたえ喜び祝う語。仏が弟子を褒める時に使う言葉。その昔、一休宗純が美味しさのあまり「善(よ)き哉(かな)」と言ったことが善哉の由来だとも云われています。 大粒の小…

くりさんがもっちり栗蒸し羊羹。山里に実った栗は、佇む山家に実りの喜びをはこんでくれます。 小豆の煮汁を加え、丁寧につくったこし餡の羊羹生地は風味豊か。 中には栗の甘露煮をまるごと一粒入れまし…

ときおり秋の山、実り。芋と小豆と栗。二層の羊羹で秋の実りをあらわしました。 安納芋は焼き芋にし、コクのある甘さを凝縮。 鳴門金時は皮ごと加え、瑞々しい芋羊羹に。 芋羊羹とこし餡の羊羹の間には、…

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。